スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被告渋谷区ですら原告全員の証人尋問を認めているのに

宮下公園国賠もいよいよ大詰めです。

11月15日金曜日に原告側の当時宮下公園テント生活者Aさんと被告側の当時渋谷区都市整備部環境保全課長と当時渋谷区土木部公園課公園管理係長という計三人の証人尋問が行われます。

被告の渋谷区ですら原告4人の証人採用を認めています。その証拠として被告渋谷区が7月12日に出した『意見書』を引用します。ただし民間人の部分は●●で伏せ字にしています。

(以下引用)
平成23年(ワ)第13165号損害賠償請求事件

原告 ●●外3
被告 渋谷区

意見書

平成25年7月12日

東京地方裁判所民事第39部合議B係 御中

被告指定代理人 山田幸男
同         小池浩三郎
同         後藤健志
同         雨貝信生
同         中谷ゆかり 代
同         吉武成寛 代
同         小林稔 代
同          原田大 代
同         藤本嘉宏 代
同         三河一博 代
同         島田直子 代

 原告らの平成25年(2013年)7月12日(受領日同月11日)付け証拠申出書(以下「原告ら証拠申出書」という。)に対する被告の意見は、以下のとおりである。
第1 意見の趣旨
 1 原告本人①●●●●こと●●●●、同②●●●●、同③●●●●●●●こと●●●●●及び同●●●の4人については、然るべくお取り計らい願いたい。
 ただし、主尋問の尋問時間については、迅速かつ円滑な訴訟手続きの進行という観点、また、事前に尋問内容が整理された陳述書が提出されると思料されることから、各々30分程度への短縮を求める。
 2 その余の9名については、証拠調べの必要性はないと思料する。

第2 証拠調べの必要性がない理由について
 1 ⑤●●●●●こと●●●●について
  同人の尋問事項を参照すると、原告ら主張のうち、宮下公園ナイキ化計画についての「事業実施の決定」及び「ネーミングライツ契約の締結」の違法の主張について立証しようとするものと思料される。
 しかし、上記各事実については、被告及び原告らが既に提出した書証によりその事実関係の大要が明らかとなっている上、そもそも、原告らの個人的な権利利益とは関係ない事項であって、かかる事項を立証したとしても主張自体失当というべきである。
 したがって、同人を証拠調べする必要性はない。

 2 ⑥●●●●について
  同人についても上記⑤と同様、原告ら主張のうち、宮下公園ナイキ化計画についての「事業実施の決定」及び「ネーミングライツ契約の締結」の違法の主張について立証しようとするものと思料されるところ、上記1と同様、同人を証拠調べする必要性はない。
 なお、同人の陳述書には、●●氏本人の調査活動に対する渋谷区の妨害行為について縷々記されているが(甲74号証)、同人は本件訴訟の原告ではなく、本件の争点と関係のない事実であることを付言しておく。

 3 ⑦日置康正、⑧小澤明彦及び⑨植木隆彦について
  同人らについても、その尋問事項を参照すると、上記1及び2と同様、その主要な部分は、宮下公園ナイキ化計画についての「事業実施の決定」及び「ネーミングライツ契約の締結」の違法の主張についてであり、上記1と同様、同人らを証拠調べする必要性はない。またその余の事項については、被告申請の証人山中昌彦及び小林稔の尋問事項と重複する。

 4 ⑩●●●、⑪●●●●、⑫伊藤毅志及び⑬長谷部健について
 同人らについても、その尋問事項を参照すると、上記1、2及び3と同様、宮下公園ナイキ化計画についての「事業実施の決定」及び「ネーミングライツ契約の締結」の違法の主張についてであり、上記1と同様、同人らの証拠調べの必要性はない。
以上(引用終了)

なぜ裁判所は原告の1人しか証人採用しないのでしょう。残りの原告は反対尋問にさらされずに意見言いぱなしでも構わないとでも言うのでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。