スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【参考】行政代執行後の東京新聞報道

行政代執行後のいち早く9月24日に報道した東京新聞を引用します。

【宮下公園 反対派テントを撤去
  整備計画 渋谷区が行政代執行】

 大手スポーツ用品メーカー「ナイキジャパン」による東京都渋谷区立宮下公園の整備計画に反対運動が起きて着工が遅れている問題で、渋谷区は二十四日、反対する団体が公園を違法に占拠しているとして、団体が設置したテントなどを強制撤去する行政代執行を実施した。
 午前十時、日置康正・区土木部長が代執行の宣言文を読み上げた後、区職員や民間業者ら数十人が、反対団体「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」らの所有するテントなど約八十点を取り除き始めた。公園の外では大勢の警察官が警戒。同会の数十人が抗議集会を開き、物々しい雰囲気に包まれた。
 区は昨年八月、ナイキジャパンに、通称「宮下NIKE(ナイキパーク)」とする命名権を十年間にわたって年間千七百万円で売却。同社が数億円をかけてスケートボード場やロッククライミング施設などを備えたスポーツ向け公園に改修整備する契約を同社と結んだ。当初は昨年九月に着工し、今年五月に再開園の予定だった。
 これに対し、同会が「公共空間の企業化」「野宿生活者の排除」などと訴え、公園内にテントを張って監視を始めたため、着工を見合わせてきた。
 区は今月十五日に公園を閉鎖し、同会に対して公園内の所有物の撤去を命令したが、同会は応じなかった。区は二十一日、行政代執行を二十四日に実施することを表明。同会などは二十二日に、行政代執行の通知処分の取り消しを求めて、東京地裁に提訴した。
 区によると、公園内には行政代執行の対象からは除外している同会以外の路上生活者が四人いるため、全員の退去が決まり次第、着工する見込み。
 桑原敏武区長は行政代執行について「けじめをつけるのが私の仕事。区関係者以外の人が集まってきて、『われらの公園だ』というのは筋違い。区民が使える公園にしなくてはならない」と説明している。(引用終了)

問題の多い記事です。

「同社が数億円をかけてスケートボード場やロッククライミング施設などを備えたスポーツ向け公園に改修整備する契約を同社と結んだ。」なんて平気で書いてありますが、渋谷区とナイキジャパンが結んだ渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書には「数億円をかけてスケートボード場やロッククライミング施設などを備えたスポーツ向け公園に改修整備する」なんて部分はありません。

渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書

そもそも命名権にすぎないネーミングライツでスケートボード場やロッククライミング施設などを新設で造ること自体許されるのかは宮下公園「整備計画」の重要な争点でしょう。新聞でこういう杜撰なことを書くのはやめて下さい。

「当初は昨年九月に着工し、今年五月に再開園の予定」ということは2009年の7月1日の中身(注1)を取るということですね。
それなら2009年9月からテントを貼って監視した証拠を見せなさい。

注1ー2009年7月1日の住民説明会についてはフットサル利用者よりも宮下公園「整備」が優先?参照。

東京新聞の記者は自社の記事もお忘れのようなので紹介しておきます。

(引用開始)区は昨年九月に着工し、今年五月に再開園の予定だった。だが、公園内に数十人のホームレスがおり、「強制することなく出て行ってもらうのに時間がかかった」(区公園課)。区は宮下公園の下に異例の「代替住居」まで造り、公園内のホームレスを数人程度にまで減らしてきた。
 一方で、計画に反対する人たちでつくる「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」が公園内に芸術作品やテントを設置するなど抗議活動を活発化させている。(引用終了)

全文はナイキジャパンが出ないことが、ニュースでしょ参照

工事着工が遅れた理由としてホームレスと抗議活動の2つをあげていたのに、ホームレスはなんで載せないのですか?

【区によると、公園内には行政代執行の対象からは除外している同会以外の路上生活者が四人いるため、全員の退去が決まり次第、着工する見込み。】

重要な部分なので取りだしておきます。宮下公園を「部分閉鎖」しても宮下公園にホームレスがいます。覚えておいて下さい。

最後の桑原区長の発言は若干発言内容が違っています。

「区民の反対意見であれば耳を傾けなければならないが、どこから来ているか分からない人たちの意見を相手にはできない」が9月23日の報道でした。

「けじめをつけるのが私の仕事。区関係者以外の人が集まってきて、『われらの公園だ』というのは筋違い。区民が使える公園にしなくてはならない」といったのが本当だとしても、桑原渋谷区長の発言はおかしいです。

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会の住所は渋谷区です。ですからみんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会は区関係者ということになります。

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会のメンバーは渋谷区民とは限らないなどというのなら、「フリークライミング連取場設置を進める会」のメンバーや「渋谷にスケートパークを作ってもらおう会」のメンバーが全員渋谷区民であるという証拠提出をしてからにして下さい。

また、2009年2月24日に『渋谷区にストリートスポーツ施設建設希望の嘆願書』が渋谷区長に提出されていますが、提出者の住所は目黒区(注2)です。今までの流れなら渋谷区民でないから却下とならければおかしいですが、要望として受け入れられています。

(注2)ー詳細は桑原区長!こっちも当然批判して下さい
にて。

宮下公園の「整備計画」に賛成する意見なら、渋谷区民でなくても耳を傾けると言うことですか?

どうみても公平ではありませんね。なんで東京新聞はこういう不公平な扱いを批判しないんですか?
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。