スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下公園強制排除・撤去を許さない国家賠償請求訴訟第2回裁判へ!

 さる6月24日、渋谷区の宮下公園強制排除・撤去に対する国賠がいよいよ始まりました。第1回口頭弁論では、野宿者活動の拠点と野宿の仲間の荷物・毛布倉庫を奪われたのじれんに続き、一連の暴挙の始まりとして暴力的に排除されたテントの仲間、みんなの宮下公園をナイキか計画から守る会(守る会)、宮下においてアートやイベントなど表現活動を行ってきたアーティスト・イン・レジデンス(AIR)の原告4者が、いかに国賠提訴に至ったか堂々と意見陳述しました。私たち、守る会の陳述の要旨は以下のとおりです。

1、私たちのグループ名はまず最初に「みんなの」から始まるが、この言葉は私たちにとって決定的に重要であり、公園は渋谷区行政やナイキといった一企業のものではない。
2、渋谷区長及び一部の区議が議会すら通さず、ナイキとともに進めてきた「宮下NIKEパーク」計画は2008年5月に地元の新聞の記事により発覚し、非民主的な手続きで進められるナイキ化計画からみんなの宮下公園を守るために様々な人々が集まって守る会が立ち上げられた。本来、公園を育てて、豊かにしていくのはそこを訪れる人だが、渋谷区とナイキはときには身体的な暴力を伴って排除し尽くしてきた。
3、渋谷区は、「弁明の機会」の付与なしに突然大勢の区職員、警備員、警察官を動員し、強引にそこにいた人を公園から叩き出し、私たちの荷物を奪っていった行政代執行はもちろんのこと、「責任者」であると役職を偽っていた植木氏により、法的根拠もないままあってはならない言動によって恐怖心を植えつけようとした。
4、4月30日、「みやしたこうえん」としてリニューアルオープンした時には、日置土木清掃部長を中心とした区職員が、私たちに荷物チェックを行ったり、小さなプラカードを手に持っているだけで公園の立ち入りを拒否するという事態が起こった。この日の公園のベンチは公安警察が占拠している状態で、反原発デモの帰りに手の指サイズの「NONUKES(反原発)」のステッカーを貼っただけで暴力的に逮捕し、さらには私たちの行動に参加していたひとりを逮捕、怪我を負わせた。
5、渋谷区とナイキは計画の当初からリニューアルオープンまで、一貫して非公開的な態度で公園を訪れる多様な人々を排除してきており、現在の「みやしたこうえん」は野外にありながら密室のよう。私たちは被告渋谷区の不法行為から被った損害について謝罪と賠償を求めると同時に、多様な人が集い、楽しみ、困難も自分たちで解決していく本来の豊かな公園を取り戻したい。
6、最後に、3月11日の東日本大震災当日、帰宅困難者に対して工事中の「みやしたこうえん」はフェンスを開けることなく、現在も夜間は入ることができない。多くの人の声、存在を排除してきた公園で起こっている事について、裁判所が真摯に正しい判断をすることを切に願う。

 渋谷区は4月21日に提訴した訴状に対して答弁書を送ってきましたが、「(テントの仲間は)宮下公園に居住していない」、「(9月15日、強制排除・公園閉鎖当日、テントの仲間に対して)強制排除ないし引きずり出しは行っていない」、「(9月15日)警備と渋谷警察署に依頼したまでであり、公安刑事の監視や警察車両の配置をさせたという事実はない」など、とことんフザケタもの。次回までに裁判長に「具体的に」と指摘された渋谷区の答弁書の補充書が提出されます。ご支援、ご注目を!

日時 9月2日(金) 11時
場所 東京地裁721号法廷

宮下国賠闘争に圧倒的なカンパを! 
郵便振替 001601-1-1-33429「のじれん」まで。(国賠カンパとお書き添えください)

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
ブログ http://minnanokouenn.blogspot.com/

(引用終了)
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。