スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月6日のナイキジャパンの提案書1

皆さんお待たせしました。2008年2月6日のナイキジャパンの提案書です。

なお、提案書はOurPlanet-TVの下記のサイトでも見られます。
http://www.ourplanet-tv.org/files/nike2008.pdf

またみんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会のサイトからは「Nike Miyashita Park project」(提案書に添付された物。ナイキジャパン/アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室)の一部が見られます。
http://minnanokouenn.blogspot.com/

宮下公園「整備計画」よもやま話では提案書と「Nike Miyashita Park project」の両方とも公開します。
まずは、提案書です。

2008年宮下公園ナイキジャパン提案書_PAGE0000

2008年宮下公園ナイキジャパン提案書_PAGE0001

2008年宮下公園ナイキジャパン提案書_PAGE0002

2008年宮下公園ナイキジャパン提案書_PAGE0003

2008年宮下公園ナイキジャパン提案書_PAGE0004

「宮下公園を生活文化都市にふさわしいスポーツパークに再生し、若者や子供が安心してスポーツを楽しむことができる環境を提供することを最大の目的」としているとナイキジャパンは言っていますが、宮下公園は運動公園ではありません。

スポーツを楽しむ環境を提供したいのなら東京都と交渉して、面積も充分ある代々木公園で行えばやればいいのに。代々木公園は原宿駅の近くだし、ナイキショップの旗艦店もすぐそばでナイキジャパンにとってもメリットはあるはずですけど、なんで渋谷区を提案相手に選んだんですか。美竹公園のジョーダンコート以来の腐れ縁が原因という話もありますけど、本当にそうなんですか?

また、「子供が安心して」と言っていますが、一番重大事故につながる可能性が高いと思われるクライミング施設には、関与しないと公言していいの。しかもバスケットコートとスケートパーク、フラットコンクリートスペースは常時開放にもかかわらず、公園の運営委託先は美竹公園ジョーダンコートの運営で実績があるとされるNPO法人コンポジションを希望提案するだって。

NPO法人が24時間、365日ちゃんと運営管理できるんですか。こういう提案で「子供が安心して」すごせるとは思えません。

それと、【「民力を用いた公園のリニューアル」という新たなコンセプトの確立およびその成功事例の獲得に向け、他の自治体に先駆けて取り組む】とあることから宮下公園の「整備計画」がナイキジャパンのもくろみ通りに行けば、同様な手法を他の自治体でも行おうという考えがあることが、伺えます。

しかも「弊社に対し、他者の実施するイベントに対する内容の事前確認と承認・否認の権利をいただけますと幸いです。なお、当該プロセスと貸出しにかかる諾否にまつわる権利付与の希望は、弊社の競合排除を目的としたものであり、決して渋谷区(及び関連団体)主催のイベントを排除するようなものではございません」なんて、おいおい。

宮下公園は様々な団体がデモの出発地点や解散地点として使っているのは、周知の事実でしょう。

例えば2009年の11月28日には「シアトルから10年 WTOドーハ・ラウンド反対! 宮下公園を多国籍企業のナイキに渡さない!」行動が行われ、恵比寿公園出発で宮下公園解散のデモを行いました。

ナイキジャパンが事前確認して、承認・否認の権利を持った以上、こういう批判的なものは断る可能性もあるってことですよねえ。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。