スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下公園施設を渋谷区は寄付されていた(1)

宮下公園ネーミングライツの期間中にも関わらず、渋谷区が宮下公園の公園施設をナイキジャパンから寄付を受けていたことが判明しました。

具体的証拠を公開します。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0000

起案は2011年4月28日で決裁も同日とものすごく早く手続きが済んでいます。よもやま話編集委員会の情報公開も同様に扱ってほしいものです。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0001

寄付の目的として「渋谷区民が楽しめる緑とスポーツ空間を提供し」とありますが、渋谷区は宮下公園のリニューアルオープンはしぶや区ニュース等で公開しましたが、ナイキジャパンから宮下公園の施設を寄付を受けていたことを公開していません。寄付申込者の意思を尊重する気はなさそうです。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0002

ナイキジャパンから渋谷区に対して寄付の申し出があったのは2011年4月28日であることが分かります。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0003

合計額はなんと2億4983万2585円。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0004

建築主はナイキジャパンで、設計者がアトリエ・ワンです。なお、フットサル場の人工芝はFIFA認定品でイタリア製だそうです。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0005

宮下公園リニューアルオープンの前に渋谷区は寄付を受けることを決めています。ネーミングライツ期間中にも関わらず、早々に宮下公園の運動施設等の寄付を受けて、万が一整備不良等による事故が起きたらどうするのでしょう。
渋谷区の責任は問われかねないと思います。

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0006

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0007

2011年4月28日寄付申込および寄付受領について_PAGE0008

最後に建築主はナイキジャパンですから、設計主のアトリエ・ワンへの設計費用や宮下公園の改修工事費用などはすべて、ナイキジャパンが払っているものと思われます。

結局ナイキジャパンは宮下公園「整備工事」にあたって、果たしていくら使ったのでしょうか?そのことに対して株主代表訴訟を起こされたらどうするのでしょう。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。