スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年5月10日のジャストタイムスの報道と運動の展開

何度も書きますが宮下公園のネーミングライツは募集要項を公表していません。

だから宮下公園のネーミングライツは渋谷公会堂のネーミングライツとは違い報道もされず、ネーミングライツの目的も、どこの企業から提案があったのかも、選定委員会の選考内容も、区民には全く秘密のまま進められてきました。

この状況に風穴を開けたのが2008年5月10日付ジャストタイムズ渋谷が「宮下公園がナイキ公園に」(注1)との報道です。

※ジャストタイムズ渋谷 http://www.just-times.com/  ただし工事中のようです。

(注1)記事はのじれんアップデートで確認できます。http://www.geocities.jp/nojirenjp/

ナイキジャパンの完成予想図と株式会社Fidoの完成予想図を取り違えるなどミスもありますが、渋谷区土木部公園課の得意技の情報公開の期間延長など考えると、5月10日付でよくぞここまで取材できたと思います。

この報道を機にいくつかのマスコミで取り上げられます。具体的には2008年6月13日付夕刊フジ「渋谷一等地にナイキ公園」、2008年7月8日付東京新聞こちら特報部右側「いきなりナイキ化!?」など。

また、渋谷区にある宮下公園のナイキジャパンによる改修というナイキ公園化計画に疑問をもつ有志が集まり、宮下公園をナイキ化計画から守ることを目標に掲げた、みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会(注2)が2008年6月13日に結成されます。

(注2)みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会 http://minnanokouenn.blogspot.com/ 
    
そして、みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会、対都行動を闘う全都野宿者実行委員会(注3)、渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(注4)の三者が2008年7月9日にナイキジャパン代表取締役に対して「申し入れ書」を提出します。

(注3)対都行動を闘う全都野宿者実行委員会 http://squat2live.seesaa.net/ 
(注4)渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合 http://www.geocities.jp/nojirenjp/

【申し入れ書】
2008年7月9日
ナイキジャパン代表取締役 殿
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
都庁(ママ)行動を闘う全都野宿労働者実行委員会
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合
連絡先(省略)

東京都渋谷区にある宮下公園において、現在、全面改修計面が進められていると一部マスコミにより報じられた。渋谷区役所の土木部公園課課長によると、「改修計面は水面下の状態で具体的なことが決まっていないのでお知らせできない」という。宮下公園で野宿生活を余儀なくされている野宿者や、区民、公園の利用者に全く知らされていない状観で計画が進められていることは確実である。
この計画の概要は次のようなものである。貴社が総事業費4億5千万円を投じ、スケードポード場とカフェなどを新設する。利用者から使用料をとり、運営費に振り分ける。管理上、公園の周囲をフェンスで囲い、夜間施錠する。また、貴杜が公園の命名権を5年間1億5千万円で渋谷区から購入し、ナイキ公園に名称を変えるとの情報も得ている。

私たちは以下の理由から、この計画に反対する。

1. 宮下公園は20年以上にわたり、野宿者が生きるための寝場所として機能してきた。
テントをはることでアルミ缶回収や日雇い労働など収入をえて、野宿者同士は助け合って命をつないできた。計画が実行されれば、野宿者は生活の場を奪われ、存在そのものが脅かされることになる。

2. この計画によれば、宮下公園はスポーツ愛好家だけの場所として変質することになる。
本来、誰もが能動的に、自由に利用することのできる公共性の商い空間が、一企業が利益をえるための商業スペースに変わってしまう。この計画では利用料を払うことができない場合や、ちょっと一休みするためには、利用できない公園になってしまう。また宮下公園は、長年にわたり市民通動の集会所などとして利用されてきたが、その表現の場が奪われることになる。

3. この計画は、渋谷区長と一部の区議会議員がトップダウンで強引に進めているといわれている。区議会や都市審議会でも諮られず、命名構を購入する企業の募集もない。なぜ貴社との独占的な契約が結ばれるのか不明瞭である。 また、今回のように公園の機能が変化する計画をすすめるにあたっては、計画者側が、区民や広く公園利用者と意見交換をし、民主的な手続きをふむ社会的責任があると考える。
私たちは以下の点について申し入れる。

1)計画の全容について明らかにせよ。
2) 私たちがこの計画に反対する理由としてあげた上記3点について、貴社の見解を示されたい。
3) 回答は文章形式とし、一通間以内に連絡先まで郵送すること。
以上(引用終了)

この申し入れ文に対してナイキジャパンは以下のように回答します。

2008年7月16日
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
都庁(ママ)行動を閉う全都野宿労働者実行委員会
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合
代表者殿

株式会社ナイキジャパン
前略
2008年7月9日付で貴団体が持参された「申し入れ書」につき、弊社は、渋谷区に対し宮下公園に関するご提案をさせて頂いていることは事実でございますが、現在、渋谷区にご検討を頂いている状況で、現時点において確定事項としてお知らせ差し上げられる内容はございません。
今後お知らせすべき事項等が出て参りました場合には、その内容につき、しかるべき方法によりまして公表致します。
また、その他のお尋ねの事項につきましては、弊社と致しましてお答えを差し上げるべき立場にはございませんので、恐縮ながらご返答は控えさせて頂きます。
以上、ご返答を申し上げます。
不一

ご連絡先:株式会社ナイキジャパン
PRチーム(個人名省略)
電話番号(省略)
住所(省略)
(引用終了)

回答したナイキジャパンは立派です。

ただ、1段目は質問者が「計画の全容について明らかにせよ」と言っているのだから、2008年2月6日に渋谷区に提出した『プロジェクトに関する弊社からのご提案・要望事項について』を教えた上で、まだ確定しているわけではありませんので、変更等ありますと答えりゃすむと思います。

2段目の【今後お知らせすべき事項等が出て参りました場合には、その内容につき、しかるべき方法によりまして公表致します】はまったく果たされておりません。

2009年8月27日の『渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書』を渋谷区と結んだとき、ナイキジャパンはプレスリリースを発表しませんでした。2010年3月24日の宮下公園整備工事説明会もナイキジャパン主催とされながら、渋谷区と東急建設に説明させてナイキジャパンは誰も来ませんでした。

渋谷区とナイキジャパンの協定書の時も工事説明会の時も説明しないで、いつお知らせしていただけるんですか? 

3段目の【その他のお尋ねの事項につきましては、弊社と致しましてお答えを差し上げるべき立場にはございません】との回答はよく分かります。

ただ、一言だけ。『プロジェクトに関する弊社からのご提案・要望事項について』のコンセプトシートの中のⅡ宮下公園の現状と問題にホームレスについて触れているところがあります。

そこには【約70名のホームレスの人が生活している→落ち着いて憩える場所がなくなっている】との文章があります。これはホームレス排除と取られかねませんけど、そういう理解でいいんですか。株式会社Fidoの提案では警備担当者の役割として「ホームレスの安全管理」とあることを指摘しておきます。

最後に、渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書の10条の削除を渋谷区に申し入れたのかとか、工事工程表や図面は渋谷区に提出したのかなど「今後お知らせすべき事項等」あるはずですので、「しかるべき方法によりまして公表」して下さることを心より期待しております。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。