スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下公園施設寄付後もネーミングライツ料を払い続けるナイキジャパン

宮下公園リニューアルオープンを前にした2011年4月28日にナイキジャパンから渋谷区に対し宮下公園施設寄付の申し出があったことは宮下公園施設を渋谷区は寄付されていた(1)で、5月2日に渋谷区がナイキジャパンに対し寄付の受領書を渡したことは宮下公園施設を渋谷区は寄付されていた(2)で説明しました。

それにも関わらず、ナイキジャパンが2012年度分の宮下公園ネーミングライツ料1700万を払っていたことが分かりました。

2012年4月27日宮下公園ネーミングライツ料納付済通知書

確かに『渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書』では協定期間は「平成22年4月1日から平成32年3月31日までとする」とあるのでネーミングライツ料を払うのは当然の行為ではあります。

それならば『渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書』の7条2に規定されている宮下公園の公園施設を使用した地域活動も行うべきだと思いますが、今のところ2011年8月19日の【NIKE MIYASHITA CUP及びKID SOCCER CLINIC】しか行われていません。(しかもKID SOCCER CLINICは荒天のため中止)

地域活動は一回やっただけで終わりなのでしょうか。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。