スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイキをAと書き替えて公開する渋谷区

渋谷区個人情報の保護及び情報公開審査会の諮問ではナイキと書かれている部分をAと置き換えて、渋谷区HPに公開している例が発覚しました。

渋谷区のHPには情報公開・個人情報保護制度というコーナーがあります。

その中の個人情報の保護及び情報公開審査会の最近の主な答申として答申第47号 宮下公園ネーミングライツ関係文書の部分公開決定処分に関する答申(PDF14KB)として載りました。

その中の記載を見て驚きました。その箇所を引用します。

(以下引用)
1)本件の異議申立人(以下「申立人」という。)は、平成21年8月17日、渋谷区情報公開条例(以下「条例」という。)8条に基づき、実施機関である渋谷区長(以下「実施機関」または「区長」という。)に対し、「1宮下公園がAにネーミングライツされるまでの文書2宮下公園の整備がAに決まった理由がわかる文書3宮下公園の整備にあたっての区とAとの契約書4宮下公園の整備にあたっての区と工事関係者との契約書5宮下公園にいる野宿者に対して工事期間中の対策についての文書」について、情報公開請求書を提出した。
(引用終了)

異議申立人はAという名称で情報公開請求をしていません。渋谷区もそのことは理解しておりました。証拠をお見せします。

2009年8月28日渋土公収第32号

①宮下公園がナイキにネーミングライツされるまでの文書②宮下公園の整備がナイキに決まった理由がわかる文書
③宮下公園の整備にあたっての区とナイキとの契約書(4と5は省略)という具合に、上記Aの記載はすべてナイキと書かれていました。

それを受けての渋谷区個人情報の保護及び情報公開審査会はどのような諮問を出したのでしょうか。

2012年10月26日諮問第58号_PAGE0000

(引用開始)1)本件の異議申立人(以下「申立人」という。)は、平成21年8月17日、渋谷区情報公開条例(以下「条例」という。)8条に基づき、実施機関である渋谷区長(以下「実施機関」または「区長」という。)に対し、「1宮下公園がナイキにネーミングライツされるまでの文書2宮下公園の整備がナイキに決まった理由がわかる文書3宮下公園の整備にあたっての区とナイキとの契約書4宮下公園の整備にあたっての区と工事関係者との契約書5宮下公園にいる野宿者に対して工事期間中の対策についての文書」について、情報公開請求書を提出した。(引用終了)

渋谷区個人情報の保護及び情報公開審査会の諮問の文中はナイキと表示されており、Aという言葉は一度も使われておりません。

2012年10月26日諮問第58号_PAGE0001

2012年10月26日諮問第58号_PAGE0002

2012年10月26日諮問第58号_PAGE0003

その他の部分は諮問の文章をそのまま使っているようです。

それではなぜ、渋谷区は諮問ではナイキ表記をされている部分を、Aと伏せ字にして公開したのでしょう。

しかも、諮問第58号を公開する際にナイキの部分をAと伏せ字にして公開する旨の連絡は、渋谷区から異議申立人には事前に一切ありません。また、渋谷区HP公開後の事後報告もありません。ですから異議申立人は渋谷区の行為に対し、事前了承も事後承諾もあたえておりません。

渋谷区の行為はナイキという企業名を隠すために渋谷区個人情報及び情報公開審査会の諮問を勝手に改竄したものと宮下公園「整備計画」よもやま話編集委員会は判断します。

諮問第58号を出した渋谷区個人情報及び情報公開審査会の石川健治、伊藤まゆ、兼子仁、高橋信行、藤ヶ崎隆久の各氏の判断を伺いたいものです。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。