スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷区の行為は東京都の通達と合致するの?

渋谷区が宮下公園で行っていた渋谷越年・越冬闘争を警察官を動員して排除した。この模様はインターネット放送でリアルタイムに報道されたのでご存じの方も多いと思う。

その際ほとんど話題にならなかったのが、年末年始の生活保護申請に関してである。東京都の通知を入手したので公開する。

2013年12月25日に出された東京都福祉保健局生活福祉部保護課長から各区・市福祉事務所長あて「年末・年始における生活保護の申請等について」(25福生保第775号)である。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0000

渋福生収第5354号という収受印も押してあるし、供覧のはしごの部分にも部長として安蔵印が押してある。これらから安蔵邦彦福祉部長がこの文章の中身を確認したことが分かる。

申請の受付についてには「年末・年始等の福祉事務所が開庁していない時間帯、夜間・休日窓口等(以下「窓口」という。)に申請書が持参された場合には、福祉事務所が不在の窓口であっても、申請は有効なものとなります」と明記されている。この記述から広く生活保護申請を受けつけるという意図が伺えよう。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0001

「年末年始期間中の申請件数一覧」を東京都福祉保健局生活福祉部に報告することになっているようだ。

夜間・休日窓口における生活保護の申請件数の書式例は以下の通りである。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0004

2013年12月28日から2014年1月5日まで記入する形式になっている。

無料低額診療事業施設一覧である。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0005

20の病院が定員、所在地、電話番号などどともに紹介されている。

平成20年12月22日付「雇用状況悪化に対する福祉事務所の相談体制について」(20福保生保第749号)である。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0002

【1失業者の路上生活化防止】には「単に稼働能力があることのみをもって、保護を要しないと判断せず、稼働能力の活用の有無を判断する必要がある」とか「居住地を失うと再就職実の可能性をさらに狭めることになるので、要保護者に対しては、居住地を失う前に適切に生活保護を適用されたい」などの記載があり、居住地を失う前に適切に生活保護を適用することを認めている。

また【2路上生活者への相談体制の整備】には「福祉事務所は、路上生活者からの相談に対し、社会資源の不足(施設のキャパシティ不足)、福祉事務所の実施体制の不備等を理由とした相談拒否や援助を必要とする者への援助拒否は行い得ないものである」と明記してある。

2013年12月25日年末年始における生活保護の申請等について_PAGE0003

「また、相談者の要保護性が高いと思われる際は、必ず生活保護の申請意思を確認し、申請意思を示した場合は、申請について適切な援助を行われたい」ともある。

これらの記載から路上生活者(野宿者でもホームレスでも同意味)を生活保護申請から排除する意図はまったく読み取れない。むしろ必要なら生活保護申請に対し適切な援助を行なうことが書かれている。

渋谷区が宮下公園で行っていた渋谷越年・越冬闘争を警察官を動員して排除する行為が、はたして東京都の通達の趣旨と合致するのだろうか。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。