スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紹介】渋谷区議会の日程が決まりました

渋谷区議会の第4定例会の日時などが決定したようなので、紹介しておきます。

11月30日から12月10日です。詳細は渋谷区議会HPにて。

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/gikai/02katsudo_1.html

ただし、「渋谷区施設等の愛称名に関する条例」がどの委員会で審議されるのかHPを見ても分かりません。議会事務局に電話をかけて確認したら、総務区民委員会と分かりましたが、住民サービスという点では十分ではありません。至急改善するように要望しておきます。

代表質問、一般質問の項目は以下の通りです。

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/gikai/02katsudo_2_situmon4.html

これを見る限りでは宮下公園についての質問は、本会議ではないようです。委員会でするのかもしれませんが、それでいいのでしょうか?

渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書の16条を引用します。この中の甲は渋谷区、乙はナイキジャパンを指しています。

(協定条項の変更)
第16条 本協定のいかなる条項の変更、追加又は削除も本協定に別段の定めがある場合を除き、甲乙の各代表者が記名押印した書面によらない限り効力を生じないものとする。(引用終了)

別段の定めがある場合を除き、渋谷区とナイキジャパンの代表者の記名押印した書面がない限り、条項の変更、追加、削除は効力を生じない。という意味ですよねえ。

10月15日付けで情報公開請求した中に「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書についてナイキジャパンが渋谷区に対して出された変更や訂正に関する文書」があるのに、未だに請求者に対して通知を出さないと言うことは、ナイキジャパンからそういう申し出はなかったと判断します。

そうすると下の条項は今でも生き続けていることになります。

(甲の義務)
第10条 甲は、本公園で行われるイベントの主催者、本公園内で営業を行う者その他本公園を利用する第三者に対して、特段の支障がない限り、本公園の名称を表示するあらゆる機会に通称名を使用することを義務づけるものとする。

2 甲は、新聞、雑誌、テレビ等のマスコミが、本公園の名称を表示する場合、通称名を使用させるものとし、通称名以外の名称若しくは本公園名を使用する者に対して、乙と協議の上、特段の支障がない限り、甲の名前で訂正を求めるものとする。(引用終了)

そうであるなら、来年5月の宮下公園「整備」後に、デモ申をする市民団体に対して「宮下公園ではなく宮下ナイキパークを使え」と言い、マスコミ各社が宮下公園について報道したら、「宮下公園でなく宮下ナイキパークを使え」と渋谷区の名前で訂正を求めるという、おマヌケな事態になりますけど渋谷区の皆さん本当にそれでいいんですか?

もう一つ、ネタを提供しておきます。

都市公園法8条の5を引用します。

(引用開始)5 その利用に伴い危害を及ぼすおそれがあると認められる公園施設については、さくその他危害を防止するために必要な施設を設けなければならない。(引用終了)

スケート場やクライミングウォールはこの条項に該当する可能性があると思うんですけど、どうなんですかねえ。特にクライミングウォールはもろに該当すると思うんですけど。

10月22日に紹介した宮下公園に出したナイキジャパンのクライミングウォールの完成予想図では「さくその他危害を防止するために必要な施設を設け」ているようには見えません。

図面等で確認し、必要な指示をしなかった渋谷区の責任は重大です。

11月21日の文章を、再度書いておきますね。

宮下公園の施設管理は渋谷区ですから、クライミングウォールの転落やスケート場での怪我などの訴訟リスクは全て渋谷区が背負わされる結果になっています。

事故が起きたら、この計画を進めた区長以下の行政職が自分の金で賠償して下さいね。

行政職で足りないなら宮下公園「整備計画」を進めた区議会議員なり、賛成したとされる地元商店街や町会なりで金を出しあって対応するべきで、行政の落ち度を一般区民に押し付けられるのはまっぴら御免です。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。