スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイキジャパンの「WINNER STAYS 激戦上等」は地域貢献事業なの(1)?

2014年5月17日に宮下公園で開催され、6月1日にも宮下公園で行われるナイキジャパンのフットサルイベント「WINNER STAYS 激戦上等」を渋谷区は「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書7条2項に基づく」地域貢献事業と判断しているようだが、渋谷区に提供された資料などから見ると微妙である。

3回使って説明する。まずは3月20日にナイキジャパンから提出された資料を見てみる。

都市公園許可申請書である。日付は3月20日である。

2014年3月20日フットサルイベント「WINNER STAYS 激戦上等」_PAGE0002

収受印は押されていないが、受付日から判断すると3月20日に提出されたものようだ。また住所、氏名(渋谷区は押印を黒塗りするので名前の一部隠れている)や記載事項も手書きであることから株式会社ナイキジャパンの関係者が提出した蓋然性が高いと判断できる。

都市公園使用料及び占用料免除申請書である。日付は3月20日付けになっている。

2014年3月20日フットサルイベント「WINNER STAYS 激戦上等」_PAGE0001

申請者、記載事項とも手書きであり株式会社ナイキジャパンの関係者が提出した蓋然性が高いと判断できる。
免除申請の理由として渋谷区共済事業のためとある。渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書7条2項に基づく地域貢献事業とは書かれていない。

2014年3月20日フットサルイベント「WINNER STAYS 激戦上等」_PAGE0000

配置図と思われる。大階段を上ったところに受付テントを構え、フットサル2面を使う意向が見受けられる。

2011年の8月19日に行われたNIKE MIYASHITA CUP及びKID SOCCER CLINICと同様に株式会社ナイキジャパンが考えていたであろうことが予測できます。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。