スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイキジャパンの「WINNER STAYS 激戦上等」は地域貢献事業なの(2)?

3月20日の株式会社ナイキジャパンの申し出を受けて渋谷区が協議した際の資料が以下のものです。

文章記号・文章番号ともにありません。一応起案は3月25日、決済は4月3日に行われたことが分かります。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0013

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0012

平成26年3月20日付け株式会社ナイキジャパンマーケィング本部長より、別紙のとおり協議があったことから供覧すると書かれています。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0011

株式会社マーケィング本部長GrayTan氏から出されたとされる「みやしたこうえんにおける地域貢献について(協議)」の公園課収受印は3月24日になっています。本当に3月20日にこの文章が提出されたのでしょうか。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0010

そもそも申請書のたぐいは渋谷区長あて(情報公開だって渋谷区長あて)に出し、法人の場合は代表者の氏名を書くのが通例なのに、渋谷区は土木清掃部長の黒柳氏、株式会社ナイキジャパンはマーケィング本部長でいいのでしょうか。
渋谷区は手続きはどうでもいい自治体だから小さなことと言って切り捨てるのでしょうね。

開催趣旨です。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0009

スポーツ振興です。周辺フットボールショップへの新規顧客増加で潤うのはサッカーショップを経営しているナイキジャパンを含めたスポーツ用品店で渋谷区に直接関係ありません。

継続的な施設利用というのなら宮下公園運動施設はフットサル場の他にスケート場、クライミングウォールもあるのだからそちらのイベントも当然企画の対象になるはずでしょう。

実施概要です。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0008

告知です。

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0007

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0006

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0005

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0004

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0003

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0002

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0001

2014年3月25日宮下公園における地域貢献について_PAGE0000

最後に渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書の地域貢献事業の所を引用しておきましょう。

(地域貢献の内容)
第7条 乙は、協定期間中、甲の承認を受けた上で、地域貢献として、乙の広報活動等において、通称名、本公園の静止画、動画、音声等の使用に努めるものとする。
2甲は、協定期間中、乙の地域貢献として、乙に、本公園の公園施設を使用した地域活動を義務づけるものとする。なお、使用施設、使用時期、使用範囲、使用方法等は、甲の協力要請に基づき、別途、甲乙の協議により、これを決定するものとする。また、当該活動の費用は乙の負担とする。(引用終了)

ナイキジャパンのイベントの一部を宮下公園で行うことが上記「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書」でいう地域貢献に該当するのでしょうか。
プロフィール

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。