スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広場空間を確保するため神宮通公園にカギをかける渋谷区

神宮通公園に外柵フェンスを設置したことは神宮通外柵工事の費用は412万1280円で、その工事に追加して神宮通公園の隣の建物に監視カメラをつけたことは外柵工事に追加して神宮通公園に監視カメラをつける渋谷区で説明しました。

外柵フェンス、監視カメラときたら、次に渋谷区は公園の夜間施錠をしてくるだろうと思っていたら案の上に行ってきました。
その資料です。

『区立神宮通公園(南側)の管理について』です。

なお神宮通公園(北側)については美竹公園と神宮通公園に夜間施錠し、カギを町会長に貸す渋谷区で説明した通り、既に実行されています。

2014年10月9日区立神宮通公園(南側)の管理について_PAGE0000

副区長や土木清掃部長、総務部長という渋谷区の幹部職員が決定に関わっていることが分かります。なお押印に線を引いて隠しているのは渋谷区が行っていることで宮下公園「整備計画」よもやま話編集委員会は関知しておりません。

2014年10月9日区立神宮通公園(南側)の管理について_PAGE0001

理由説明部分です。

「広場空間を常時確保し、公園を適正に管理するため、下記の通り利用時間を制限するものとする」、「利用時間外は施錠により公園を閉鎖するものとし」としていますが、全然理解できません。

公園を適正に管理する手段は公園の施錠に限りません。なぜカギをかけるという手段を取るのでしょうか。そもそも施錠をしないと広場空間が常時確保できないのなら、それこそ一日中カギをかけていなければ確保できないと思われますが、なぜ午前8時30分から午後10時30分まではカギをかけなくても大丈夫なのでしょうか。

渋谷区は一時集合場所・避難場所一覧で説明しているように神宮通公園は神宮前地区の一時集合場所に指定しています。そのような場所に夜間とは言えカギをかけて良いのでしょうか。そのことについてなぜ一言も説明をしないのでしょうか。

平面図です。

2014年10月9日区立神宮通公園(南側)の管理について_PAGE0002

この図では分かりにくいですが、右から1番目と2番目の門扉の間の長方形の部分にトイレが設置されています。神宮通公園南側は明治通りの歩道と面しており、通行人やタクシー運転手などがよくトイレを利用しています。夜間に施錠したらこういう人々はトイレを使うことは出来ません。その対策はどうするのでしょう。

別紙1の看板です。

2014年10月9日区立神宮通公園(南側)の管理について_PAGE0003

渋谷区はこの看板を出すから大丈夫とでも思っているようですが、先ほども言ったように神宮通公園南側は明治通りの歩道に面していて人目につく公園です。ですから災害時にはたまたま車を運転して前を通りかかったような人まで避難してくる可能性が想定されます。そういう人がこの看板の文字をみて納得してくれるでしょうか。

渋谷区WEBでも夜間施錠の旨を記載していない上、なかなか厳しいと思います。
プロフィール

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。