スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美竹公園の夜間施錠も利用時間制限撤廃も区長の裁量

2015年12月17日の渋谷区WEBに年末年始の渋谷区立美竹公園の取扱いについてという文章がのりました。その資料です。

『区立美竹公園の管理について』です。

W1024Q80_2016年12月15日区立美竹公園の管理について_PAGE0000

甲号決裁で長谷部印も押されています。

理由の部分です。

W1024Q80_2016年12月15日区立美竹公園の管理について_PAGE0001

「同公園は、仮庁舎に隣接することになり、立地条件及び利用状況を考慮すると閉庁時でも一定の維持管理体制がとれるようになった」とありますが、渋谷区仮庁舎と隣接しないと公園が管理できないというのはよく分からない理由です。

また、以下の理由も言っています。

(引用開始)区内のNPO団体等と連携を図りながら検討するための勉強会として、渋谷区ホームレス支援プロジェクト会議を行っている。この会議の方向性も考慮して検討した結果、同公園の利用時間制限を平成27年12月15日(火)から解除する(引用終了)

区内のNPO団体等と連携を図りながらと言う事実はありません。現場の声を聞かない渋谷区ホームレス支援プロジェクトで見たように渋谷区ホームレス支援プロジェクトのメンバーの中に渋谷区内のホームレス支援プロジェクトのメンバーはいません。

また、渋谷区で活動しているのじれん渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合(通称のじれん。以下のじれんと記載)NOJIRENやちかちゅう給食活動(旧聖公会野宿者支援活動・渋谷)ちかちゅう給食活動のメンバーの問い合わせに回答をしていないので、両団体とも会議に参加していません。

会議の方向性云々と言っていますが、渋谷区は議事録を取っておらず、議事要旨のみの公開なので会議の方向性で公園の利用時間制限が撤廃されたかどうか確認することは出来ません。

そもそも、渋谷区立美竹公園は災害時一時集合場所であり、その場所を区長裁量で夜間施錠を決めて実行していたこと自体が普通ではないでしょう。

渋谷区WEBに載った『年末年始の渋谷区立美竹公園の取扱いについて』です。

W1024Q80_2015年12月17日年末年始の渋谷区立美竹公園の取扱いについてHP文

決裁の日付は2015年12月17日です。
また、この文章から年末年始の区役所閉庁期間後も区立美竹公園の利用時間制限を撤廃した旨を読み取るのは困難です。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。