スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の緊急一時的な宿泊場所の確保等について

渋谷区は2013年から2014年にかけて12月30日から年1月3日まで宮下公園を閉鎖しました。

注ー宮下公園北側広場のみ封鎖し続けた渋谷区

2014年から2015年にかけては12月26日から1月3日まで宮下公園、美竹公園及び渋谷区立神宮公園を全面利用禁止処分にしました。

注2ー宮下公園の運動施設を12月28日まで貸すと言っておきながら公園を急遽閉鎖する渋谷区宮下公園に飽き足らず美竹公園と神宮通公園も閉鎖する渋谷区参照。

今年は宮下公園と神宮通公園(北側)を閉鎖しましたが、美竹公園は閉鎖しませんでした。
注ー美竹公園は夜間施錠をやめても例年どおり宮下公園と神宮通公園(北地区)閉鎖した渋谷区参照

どういう理由で渋谷区は美竹公園の閉鎖をやめたのでしょう。厚生労働省が生活困窮者に対し、宿泊場所を配慮することを求める文書を出したと聞いたのでその文書をあげておきます。

『生活困窮者に対する年末年始の緊急一時的な宿泊場所の確保等について』です。2015年12月14日に出されています。

W1024Q80_2015年12月14日生活困窮者に対する年末年始の緊急一時的な宿泊場所等の確保について_PAGE0000

年末年始のホームレス対策に取り組むこと、自立相談支援事業の充実、緊急一時場所の宿泊場所の確保について、自治体の配慮、協力を求めるものです。

次の文書は『年末に向けた住居・生活困窮者支援に係る協力依頼について』です。この文書は2015年11月18日に出されています。

W1024Q80_2015年12月14日生活困窮者に対する年末年始の緊急一時的な宿泊場所等の確保について_PAGE0001

支援が必要な人が具体的な支援につながるように、巡回相談の実施や一時生活支援事業についても協力を求める文書です。

関連する文書として『「住居・生活総合支援事業」の廃止について』です。2015年3月31日に出されています。

W1024Q80_2015年12月14日生活困窮者に対する年末年始の緊急一時的な宿泊場所等の確保について_PAGE0002

住居等困窮離職者はリーマンショック直後から大幅に減少したので住居・生活総合支援事業は2014年度末をもって廃止するという中身の文書です。

3つの文書を合わせてみると住居・生活総合支援事業は廃止したが、生活困窮者の対策は生活困窮者自立支援法を施行して行っている。年末年始のホームレス対策について巡回相談の充実や緊急一時的な宿泊場所の確保などについて一層、配慮協力してほしいという趣旨のようです。

2013年から2014年の年末年始や2014から2015年の年末年始の渋谷区の対応が紹介した上2つの文書の趣旨と合致しているとは到底思えません。厚生労働省が出した文書は渋谷区に対して意味があったと思われます。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。