スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクープ】渋谷・宮下公園巡りナイキジャパン、命名権「放棄せず」

渋谷区立宮下公園の命名権(ネーミングライツ)について、スポーツ用品メーカー、ナイキジャパンは命名権を放棄せず、『渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書』の条項のままにする方針であることが、宮下公園「整備計画」よもやま話編集委員会の調べによって明らかになった。

宮下公園「整備計画」よもやま話編集委員会によれば、2010年10月15日に渋谷区あて情報公開の中で「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書についてナイキジャパンが渋谷区に対して出された変更や訂正に関する文書」を請求し、渋谷区から「実施期間の職員が職務上作成、又は取得していないため文書が不存在」と説明をうけたとしている。

その結果、ナイキジャパンが記名押印した書面を渋谷区に提出していないことが明白になった以上(注1)、ナイキジャパンは宮下公園の命名権を放棄していておらず、通称名である宮下ナイキパークが有効であると考えるべきだと主張している。

なお、宮下公園ネーミングライツ協定書には公園使用者やマスコミなどの第三者に対し、通称名である宮下ナイキパークを使うように義務づける項目があり(注2)、今後の渋谷区の対応が注目される。

よもやま話編集委の10月16日付「ナイキジャパンの発言をうのみにできない」の警告を無視した書き込みが横行しているようなので、新聞の記事形式を取って文章を書いてみました。

ナイキジャパンが命名権を放棄していないのではという点は、2010年10月20日付渋谷オンブズマンの記事や2010年10月25日付「週刊プレーボーイ」でも指摘されていたように、ナイキジャパンのプレスリリースに飛びつかずにきちんと取材すれば分かったのにねえ。

ネーミングライツ協定に変更予定はなし

ネーミングライツ放棄!? 渋谷「NIKEパーク」が「宮下公園」に戻った理由

10月15日に請求しているのだから、普通なら渋谷区の12月議会に余裕で間に合っていいのに結局、終わってから公開だもの。こういった状況では渋谷区議会で宮下公園「整備計画」について議論が低調なのも分かる気がします。

スクープとしての価値は下がったけど、マスコミのナイキジャパンのプレスリリースを元にしたと思われる記事とは全く中身が違いますからそれなりの意味があるでしょう。

よもやま話編集委の指摘を受けて、マスコミの皆さんはどんな対応をするのかな。見守らせていただきます。

注1ー宮下公園ネーミングライツ基本協定書16条

(協定条項の変更)
第16条 本協定のいかなる条項の変更、追加又は削除も本協定書に別段の定めがある場合を除き、甲乙の各代表者が記名押印した書面によらない限り効力を生じないものとする。(引用終了)

注2ー宮下公園ネーミングライツ基本協定書第10条

(甲の義務)
第10条 甲は、本公園で行われるイベントの主催者、本公園内で営業を行う者その他本公園を利用する第三者に対して、特段の支障がない限り、本公園の名称を表示するあらゆる機会に通称名を使用することを義務付けるものとする。
2 甲は、新聞、雑誌、テレビ等のマスコミが、本公園の名称を表示する場合、通称名を使用させるものとし、通称名以外の名称若しくは本公園名を使用する者に対して、乙と協議の上、特段の支障がない限り、甲の名前で訂正を求めるものとする。(引用終了)
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。