スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下公園のホームレスの推移

宮下公園に起居していたホームレスの推移(宮下公園路上生活者概数調査結果)が分かりましたので報告します。

概数調査なので、人数に若干の違いがあると思いますが、2002年から2010年と8年分の資料なので、宮下公園に起居していたホームレスの状況についてのデータとして使えると思います。2007年2月までは東京都調べ、それ以降は渋谷区公園課が調べたそうです。

2002年2月56人、2002年8月54人
2003年2月55人、2003年8月65人
2004年2月65人、2004年8月72人
2005年2月76人、2005年8月69人
2006年2月66人、2006年8月66人
2007年2月26人、2007年8月27人
2008年2月26人、2008年8月21人
2009年2月30人、2009年8月27人
2010年2月14人、2010年8月4人

宮下公園のフットサル場ができたのは2006年6月17日です。2006年の2月は66人、2006年の8月は66人とフットサル場を作ったところで、ホームレスの推移にさしたる影響がなかった様子が伺えます。

2006年8月66人いたホームレスが2007年には26人と減ったのは宮下公園のフットサルができた影響がそのころになって結果として表れたと見る人もいますが、それよりは、私たちは平成18年度のホームレス地域生活移行支援事業の対象地域として宮下公園が入ったこと(注1)が大きいと考えています。

注1ーホームレス対策の現状について

また、2009年8月27人から2010年2月14人と減ったのは宮下公園南側の大階段脇から渋谷駅に向かって、公園に平行してあるバイク駐車場と宮下公園との間の隙間に代替地(注2)を作ってそこに移転してもらった影響(注3)と思われます。

注2ー代替地がどんなところは下記ブログにて

注3ーその影響の一端は下のブログでも見られます。
明治通り・宮下パーク商店街

これらの実例からホームレスを減らしたいなら、行政の何らかの支援が有効だと考えます。

しかし、2002年から2006年までの宮下公園のホームレスの推移から渋谷区が十分な対策をとる気がない様子が伺えます。

そして、その渋谷区の態度は宮下公園「整備工事」に入っても続いているようです。

資料提供者が、「宮下公園の整備工事にあたり、公園課がホームレスに対して行った支援の日時、中身が分かる文書」と「宮下公園の整備工事にあたり、生活福祉課がホームレスに対して行った支援の日時、中身が分かる文書」を請求し、かえってきた返事は【実施機関の職員が職務上作成、又は取得していないため文書が不存在】です。

文書がないから渋谷区は支援をしていないというつもりはありませんが、【同公園内のホームレスの人たちについては、昨年来、区として生活再建に向けた人道的な支援を積極的に行い、本人の意向を尊重しながら、お一人お一人丁寧に自立支援や住居支援を行なってまいりました。】と2010年10月4日の『区立宮下公園の整備について』の発言との整合性があるとも思えません。

この発言の根拠はどこにあるのですか?文章がないなら、口頭で良いので教えて下さいね。期待しています。

公園課と生活福祉課が共同で行ったホームレス支援の実態については当ブログで紹介したので、再度触れません。

公園課と生活福祉課が行ったホームレス支援の実態

最後に、スポーツ施設を作れば物理的にホームレスがいなくなると考えているなら、そううまく運ぶかどうか、よもやま話編集委は懐疑的です。

追記(2011年3月18日)

2009年10月8日の渋谷区決算特別委員会で浜田浩樹議員が質問をしておりました。

2008年10月8日渋谷区決算特別委員会

紹介しておきます。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。