スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明会の場所を予約したのは(株)ナイキジャパンです

説明主体と主催者は違うという文句がきました。

「渋谷区はあくまでもオブザーバーという形で参加」とも言っているのだから、それでも分かると思いますけど信用しないでしょうから、物証を一つ、証言を一つ提出します。

2010年3月18日渋谷勤労福祉会館使用申請書

会場である渋谷区勤労福祉会館の使用申請書です。ここには申請人として(株)ナイキジャパンの人が、住所として品川区東品川2-3-12が、使用目的として宮下公園整備工事説明会と書かれています。

品川区東品川2-3-12はナイキジャパンの住所と同一です。

話は変わりますが、申請書の下の部分に仮として2月24日(公園課コバヤシ内2632)と書かれています。これは渋谷区の職員が会場の仮押さえをしたものと考えられます。渋谷区とナイキジャパンの癒着の一つの証拠でしょう。

また、前回も書きましたがやはり会場は5時30分~9時30分まで使用できます。会社の就業時間や人の集まり、会場の片付けなどを考慮して、使用時間をフルに使えという無理は言いませんが、渋谷区の説明の午後7時から8時という1時間に限定する必要はありません。いかにもこそくなやり方です。

話を元に戻して、これでもなお整備工事説明会がナイキジャパン主催ではない言い張る人のために、証言も提出しておきましょう。

反対派と目される人の証言は信用しないでしょうから、推進派と目されている渋谷区議伊藤毅志氏のブログからの必要部分の引用です。

直接いけないので、行き方を紹介すると、伊藤たけしオフィシャルサイトから伊藤家の食卓→過去の日記を見る→2010年3月をクリックして3月25日の所に「そりゃぁ、おかしいよ。」と題して2010年3月24日の宮下公園「整備工事」説明会の感想が書かれています。

伊藤たけしオフィシャルサイト

(引用開始)そして、本日も反対する団体のメンバーと改修工事に賛成する地元住民が工事説明会に多数参加、会場に入りきれない反対派の面々が入り口で扉を叩くなど会場は騒然とした雰囲気です。工事説明後の質疑のなかでは「ナイキジャパンと渋谷区の契約の疑義」に質問が集中、ほとんど工事に関する質問などありません。

たしかに、ナイキジャパン主催の説明会とのことなのに、ナイキサイドが代理人として施工業者をたてて自分たちが姿を現さないのはいただけませんでした。また、「いつ、どんな状態になったら工事を始めるのか?」という質疑こそ、公園利用者の方たちには重要なことなのに、その点の議論が深まらなかったのは残念です。(引用終了)

ここでも「ナイキジャパン主催の説明会とのこと」と書かれていますね。

ナイキジャパン主催とナイキジャパン主催の説明会とのことでは違うと難癖をつけるなら、そこまで面倒みられないので、もう勝手にやってくれ。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。