スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷区は特定個人を狙った嫌がらせをやめろ!

渋谷区の情報公開のひどさとして開示予定日を守らないことは皆さん、渋谷区情報公開のひどさを知って下さいで、具体的な証拠とともに示しました。

渋谷区の情報公開の開示日時を守らない事例はそれ以前にもあったので、原因を探るため自己情報開示をした人がいます。

2010年2月5日に情報公開請求をして、50日間の期間延長がついて開示予定日が3月26日になりました。ここまでは条例通りです。

渋土公収第58号_PAGE0000

ここから先が、渋谷区の渋谷区たる所以です。開示予定日の3月26日が過ぎても、何の連絡もない渋谷区に業を煮やした請求者がどうなっているのかと詰問したら、こんなものが出されました。

渋土公収第58号_PAGE0001

2010年3月31日時点でまだ未決済という文面です。情報公開の開示日時は【3月26日】です。この日程を決めたのは渋谷区であって請求者ではありません。渋谷区は自分達で決めた情報公開日時を守る気など、これっぽっちもないことが、この文章から明確です。

渋土公収第58号_PAGE0002

結局開示日時は4月6日になりました。しかも決定は夜のようで公開日時は翌日4月7日以降になっています。決定までの日数は50日ですが、開示までの時間は結局61日で、期間延長期限の60日を超えています。

開示日時を守らない、開示期限を守らない、その上その旨の連絡もないと3つの不法行為を渋谷区は犯しています。

これが1回だけならとにかく、これで3回目です。お詫びの文章なんてクソの役にもたっていません。

渋土公収第58号_PAGE0003

これを見ると起案は開示期限内の2010年3月16日に行われていますが、決裁は21日後の4月6日になっています。上記で書いたように開示日時は【3月26日】ですから、全然開示日時を守る気などありません。

しかも3月31日の時点でお詫び文章を出していながら、それ以降も平気で時間をかけています。

渋谷区よ、いい加減にしろよ!

起案は開示期限内、決裁は開示期限後という事例から考えると決裁権者が不法行為を行っていると推測できます。
そのような行為を行う理由としてよもやま話編集委は仮説を立ててみました。

それは渋谷区議会の会期中に問題になりそうなものは出さないようにしたという仮説です。

2010年3月4日から3月31日まで渋谷区議会第一定例会が開かれていました。開示決定日時は3月26日ですから、当初の日時では議会中に出さなくてはいけない。請求者が文句を言ってもそんなもの無視して、議会後に出してしまえと思ったのではありませんか。

渋谷オンブズマンの事例やよもやま話編集委の事例から判断すると、渋谷区は情報公開の相手をみて資料の公開を判断しているようです。これは情報公開の精神をないがしろにし、特定個人を狙った嫌がらせとしか思えません。
こういう行為が許されていいんですか!

マスコミの皆さん。ぜひ取材をお願いします。読者の皆さん、ツイッター、ブログ等での拡散お願いします。
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。