スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会答弁軽視の問題は指摘しない東京新聞

2010年3月24日のナイキジャパン主催の宮下公園整備工事説明会を朝日新聞と東京新聞が報道したが、ナイキジャパンが主催にもかかわらず来なかった、また資料には建築主ナイキジャパンの明記がなく、連絡先も書かれていないことはナイキジャパンが出ないことが、ニュースでしょでお知らせしました。

宮下公園の「整備工事」という公共の工事にもかかわらず、建築主のナイキジャパンが説明会に来ない。しかも渋谷区議会で説明すると公言されていたにもかかわらず、すっぽかす。それにも関わらず、マスコミはもう建設容認の立場で記事を書きまくります。

4月17日付けの東京新聞を紹介します。

【渋谷・宮下公園
  依然、着工できず】

渋谷区による区立宮下公園の整備計画に反対運動が起きている問題で、区は四月中に着工する方針を表明しているが、月半ばをすぎた十六日になっても着工できていない。反対運動の団体が公園内に泊まり込んで着工を阻止しているためで、区は対応に苦慮しながら、着工の時期の見極めを図っている(署名は省略)

区、今月中予定も

 区は宮下公園の命名権を大手スポーツ用品メーカー「ナイキジャパン」に売却するとともに、ナイキが別途負担する数億円で、スケートボード場などを備えたスポーツ向けの公園に改修する計画を立てている。しかし、「公共空間が損なわれる」「野宿者の排除になる」などと反対運動が起こり、区は着工を当初予定の昨年九月から、今年四月に延期した。
 公園内では、着工が想定された今月の一日の前から、「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」がテントに泊まり込んで、着工を監視する活動を続けている。同会のアーティスト、いちむらみさこさん(三八)は「区は私たちの意見を聞かない。着工を止めるには、公園内に滞在して、阻止せざるを得ない」と語る。
 渋谷区公園課の小沢昭彦課長は「反対運動の人たちの行動は公園の不法占拠だ。公園の整備は多くの人々に望まれており、区として早く着工したいという方針に変わりはない」と説明する。
 具体的な着工の時期については「各方面に相談して、検討している。明日にも行うかもしれないし、五月になるかもしれないが、事前には言えない」と話している。(引用開始)

※ 【反対運動 泊まり込み活動】【整備計画】の大きな見だしあり

「ナイキが別途負担する数億円」と書いていますが2008年2月時点でのナイキジャパンと株式会社Fidoの【提案内容比較表】ではナイキジャパンは建築費用約4億円、株式会社Fidoは約4億~6億円となっていました。このときから計画が進み建築費のメドはたっているはずです。新聞記者なら、ちゃんと聞いて下さいな。

(引用開始)「公共空間が損なわれる」「野宿者の排除になる」などと反対運動が起こり、区は着工を当初予定の昨年九月から、今年四月に延期した。(引用終了)

経緯が逆でしょう。

みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会の結成は2008年の6月13日です。工事着工予定だった2009年9月を渋谷区が明らかにしたのは2009年の6月18日に渋谷区都市環境委員会です。渋谷区が明らかにする前から反対運動はありました。

また、スポーツ向けの公園に改修する計画なんて言っていますが、本当にそうなんですか?

【渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書】の目的部分を引用します。

(目的)
第1条 本協定は、甲及び乙の協力により、ネーミングライツ制度の導入を通じて、乙の地域貢献よる(ママ)公園施設の整備及び公園の維持管理の充実を推進し、区民サービスの向上を図ることを目的とする。(引用終了)

スポーツ向けの公園に改修するのが目的だなんて一言も書いていませんけど?また『公園の維持管理の充実』なんて文言ありますけど、遊具は取り払われるし、樹木だって減るでしょう。

ナイキジャパンは東京新聞の記者さんには丁寧に回答してくれるようですから、遊具をなくしておいて『公園の維持管理の充実』を図るとはどういう意味か取材して、紙面に反映して下さいね。期待しております。

また、3月26日の東京新聞ではこう書いてあったでしょう。

(引用開始)だが、公園内に数十人のホームレスがおり、「強制することなく出て行ってもらうのに時間がかかった」(区公園課)。区は宮下公園の下に異例の「代替住居」まで造り、公園内のホームレスを数人程度にまで減らしてきた。(引用終了)

宮下公園にいたホームレスのこともちゃんと書いていたのに。もう忘れたのですか?

(引用開始) 具体的な着工の時期については「各方面に相談して、検討している。明日にも行うかもしれないし、五月になるかもしれないが、事前には言えない」と話している。(引用終了)

東京新聞の記者さん。こういう発言を引き出したのなら、2010年3月26日の渋谷区都市環境委員会との整合性を確認して下さいよ。渋谷区はこんなこと言っていましたよ。関係ある部分を引用します。

(引用開始)
◆(森委員) 公有地であってもそこにものがあって、それが個人の私物であれば、勝手に移動するということは、例えば自転車だったら公道にあった場合は、きちんと条例に基づいて警告行為を行ったり、そしてまた条例で位置づけられた特別区域だったら即時撤去、そして場合によっては返還手続きを経ているわけですよね、公道にある、区道にある自転車などについては。
 公園においても、やはりそういった観点で、個人の私物などがあった場合はその持ち主、所有者がわかれば、その方に撤去をお願いするだとか、そういった手法をきちんととるべきだと私は思うんです。そういう意味だと決して強制的な行為での着工はすべきでないと思います。その辺はどうですか。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 基本的にはそういう姿勢でやらせていただいております。
○(芦沢委員長) 日置土木部長。
◎(日置土木部長) ただいまの公園課長、基本的なスタンスは御答弁申し上げたとおりでありますけれども、私ども都市公園を管理していく上では、都市公園法並びに渋谷区立都市公園条例がございますので、この規定にのっとって適切に対応していくということでございます。(引用終了)

法律の手続きに則って行うと趣旨を日置土木部長は言明していますし、小澤公園課長も強制的な行為での着工をすべきでないという森議員の質問に対して「基本的にはそういう姿勢でやらせていただいております」と発言しています。

3月26日からまだ1ヶ月も経っていない時期で「明日にも行うかもしれない」なんて法律の手続きに従う気もなければ、渋谷区議会に対しても適当なことを言ったとしか思えないんですけど。

東京新聞の記者さん!おかしいと思いませんか? 
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。