スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下公園工事説明会についての渋谷区議会での報告

2010年4月21日に宮下公園工事説明会について渋谷区都市環境委員会で報告がされます。
委員会の質疑は一問一答形式なので一問一答形式でコメントをつけます。

○(芦沢委員長) 「土木及び交通安全について」を議題に供します。
 宮下公園整備工事説明会について、理事者の報告を求めます。日置土木部長。
◎(日置土木部長) 区立宮下公園の整備工事につきましては、現在、工事着手に向けた準備を進めているところでございますが、その一環といたしまして、過日、工事説明会を開催したところでございます。その説明会の概要につきまして、所管の公園課長から御報告させていただきたいと思いますので、御聴取お願いいたします。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) それでは、資料に沿いまして、御説明をさせていただきます。
 宮下公園整備工事説明会について、1、日時でございますが、前に御説明いたしましたとおり、平成22年3月24日、水曜日、午後7時から8時まででございます。
 2番、会場につきましては、渋谷区立勤労福祉会館2階の第一洋室で説明会を行いました。
 3番、参加人員でございますが、72人でございました。ここでちょっと内訳を御説明したいと思います。72人のうち区内在住の方が32人、区外在住の方が30人、あとは住所の記載がない方が10人いらっしゃいました。合計72人でございます。
 4番でございますが、当日出ました主な質問と意見、2枚目をごらんくださいませ。宮下公園整備工事説明会における質問及び意見でございます。質問、東急建設の発注者はどこですか。所長の説明にも資料にもその旨の記載がないのですが。
 2番目でございますが、ネーミングライツなのに、なぜ整備工事となるのか。ナイキがこの席に参加していないのはおかしい。
 質問、3番目でございますが、ナイキと渋谷区が工事を行うこととなった経緯を教えてほしい。
 4番目でございますが、工事はすべて東急建設が行うのか。下請、孫請は使うのか。
 5番目でございますが、宮下公園整備工事となっているが、宮下公園の名前はこのまま残りますか。
 次に、スケートボード場の細かな仕様については、要望がきちんと反映されているのか。
 次に、公園内にはテントがあるが、どうするのか。
 次の質問につきましては、工事方法について、地元の要望は聞いてもらえるのか。
 最後、意見でございますけれども、これは商店街さんのほうから出された意見でございますが、宮下公園の整備は夢であった。まちの価値を高めるため、ぜひ計画を進めてほしい。
 以上でございます。簡単ではございますが、説明会について御説明を終わらせていただきます。(引用終了)

参加者が区内か区外か分かるのは、受付で区外か区内かを書かせたからです。

3月10日の都市環境委員会では説明者として株式会社ナイキジャパンがあたることが説明されましたが、結局ナイキジャパンは誰も来ませんでした。

また、会場で出た質問のすべてではなくて、主な質問と意見を採り上げていることに注目して下さい。

○(芦沢委員長) では、御質疑がありましたらお願いします。
 森委員。
◆(森委員) 一応3月10日に、この日に説明会をやるということで委員会でも報告を受けたんですけれども、きょう説明会の報告を受けるに当たって、あまりにもちょっと資料として簡単過ぎるのではないかと。少なくともこの説明会で配布した資料などがあれば、それを出していただくべきではないかと思いますが、その点についてはいかがなんでしょう。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 説明会については御説明したんですが、その資料が主でございまして、あとは当日出された資料につきましては、スクリーンに映し出す資料を原本としておりますので、図面がプラス・アルファになったというようなことで御理解願いたいというふうに考えております。(引用終了)

一応仲間が情報公開請求をしてあります。渋谷区の嫌がらせが終わって入手できたら当ブログに掲載します。

○(芦沢委員長) 森委員。
◆(森委員) 3月10日のときにも確認をさせていただいたわけですけれども、工事の施工者、そして工事に伴うさまざまな窓口などの記載についてはどうなのかと聞いたことについては、この委員会の場でも、きちんと説明会の場で知らせていきたいということなんですが、2枚目の質問もありますけれども、東急建設の発注者はどこですか、所長の説明にも資料にもその旨の記載がないとありますが、まず東急建設のこの工事の窓口はどこになっているのか。それをお願いします。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 当日の席上でも東急建設のほうから御説明があったと思うんですが、発注者はもちろんナイキジャパンでございますけれども、東急建設東京支社、そこの◯◯というのが代理人になっております。
○(芦沢委員長) 森委員。
◆(森委員) 個名までは別に求めなくていい。おっしゃったわけですので、大事なことだと思うんですが、◯◯さんという方が責任を負って窓口になっているということなんでしょうが、現場や事務所などは、工事に伴う現地の事務所など、そういうところの文書などは周知はされているんですか。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) これはまことに申しわけございませんけれども、工事がおくれておりまして、その関係で今、現場にはきちんとした連絡先、もちろん通常の工事と同じでございますから、連絡先、あとは周囲から見られるような案内看板等、すべて設置するようには考えております。(引用終了)

考えていますけど、実際にはしていません。

そのことはやっと解消!触法行為(建設業による許可証提示)で説明しました。他の第三者の写真でも建築基準法による確認済証を貼っていないことから言い逃れできませんよ。東急建設さん。

しかも、2010年10月13日の情報公開で「確認済書を掲示板に貼って、誰でもみられるようにしない理由が分かる文書」と請求されて、始めて気がついたんでしょう。感謝して下さいな。

マスコミの皆さん。渋谷区は渋谷区議会という公式の場でもウソばっかり言っていますよ。ちゃんと取材して下さいな。

○(芦沢委員長) 森委員。
◆(森委員) 連絡先はわかるようにしていきたいというふうなことですが、別紙の質問のことは、一応主な質問、意見として書いているんですが、渋谷区も参加をして整備工事の説明会を開いたわけですから、当然工事に伴うことは東急建設さんが、それ以外のことなどは渋谷区の担当者が答えたのかもしれませんが、このそれぞれの質問に対してどういう回答が出されたのか、お願いします。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 当日は、東急建設さんのほうと私がお答えをいたしました。それはこの席で言うのもなんでございますが、森委員、あとほかの委員の方もそうでございますが、当日、現地にいらっしゃって聞いていたというふうに判断しておりますので、それで御理解を願いたいというふうに考えております。(引用終了)

3月25日よもやま話編集委員会の協力者が「3月24日に行われた工事説明会にナイキが出席しなかった理由が分かる文書」として情報公開請求をしたら、渋谷区から2010年4月8日に「実施機関において作成又は取得していないため文章が不存在」という回答がありました。

ナイキジャパンは無断欠席かと聞いたら、ナイキジャパンから渋谷区に対して電話で連絡があったそうです。

ですから渋谷区議会でも協力者に話したようにナイキジャパンから参加できない旨の連絡が電話であり、渋谷区と東急建設が急遽説明にあたったと説明すればいいのに。

説明会の混乱の主因はナイキジャパンの敵前逃亡というか、俗に言う、ばっくれのせいだと思いますが、どうしてそんなにナイキジャパンをかばうんですか?説明して下さいな。

○(芦沢委員長) 森委員。
◆(森委員) 委員会のあり方としまして、やはり区民の皆さんが渋谷区で事業がどういうふうに行われているのか、議会としてどういう調査を行ったのかということをやはり関心があるときに、今、インターネットでも議事録は閲覧することができます。また、情報請求なり、各議員のさまざまな区政報告などで、委員会に出された資料については基本的にオープンにできるわけです。それは非常に大事な意味があると思うんですね。そういう中で、少なくともこういう説明会を行った、そこに出された資料だとかそこで出された意見、要旨になっているんですけれども、それに対して区としての考え方を委員会の資料という形で示すことができないのは、やはり私は非常に残念だということを指摘せざるを得ないと思うんです。この問題については、工事に向けた準備を進めているところだというふうにおっしゃいましたけれども、やはり明確に会場でも、なぜこういう工事をするのか、あまりにもやり方が乱暴ではないのかと。また、地元の地域の居住の方からも、この資料にあるような意見があったのは事実でありますが、しかし同時に、地元でも知らなかったと。地元の要望を、話を聞いてくれるんですかということなんですね。具体的な住所地と名前をおっしゃっていた方からも、最後のほうに発言がありましたよね。
 今回、宮下公園の整備工事については、私もはっきり言って、あまりにも乱暴にやりすぎたことが今の状況に結びついているのではないかと。そのことを今、この宮下公園整備工事説明会について資料をいただき、そして報告をいただきました。そして、私の質問に対して、今、いただいた答弁を聞いたら、非常に残念だと思わざるを得ません。こういうやり方は、率直に言って異常だということを私は強く指摘したいと思います。宮下公園の整備工事については、住民参加で見直していくべきです。(引用終了)

資料を配付して、よもやま話編集委員会以前にブログで公開されている人がいます。

くろひつじのたまに熱いことを書くブログ

渋谷区議会で提出される資料が参加者の公開している資料より少ないって手抜きしすぎでしょ。

そもそも「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ選定委員会」だって議事録ではなく議事要旨だし、当初は渋谷区立宮下公園施設ネーミングライツ選定委員会のメンバーだってすべて黒塗りで非公開でしたね。

2009年6月18日の都市環境委員会で森議員に聞かれた際に小澤土木課長は「お名前については御勘弁願いたいというふうに考えております」と答えなかったけど、渋谷区の公有財産を取り扱う選定委員会のメンバーの名前を明らかにしないなんて渋谷区ぐらいなものでしょう。

宮下公園に関しては最初から最後まで秘密主義でことを進めているのがよく分かります。

マスコミの皆さん。スクープのネタは転がっていますから宮下公園の是非は抜きにして取材して下さい。お願いします。

○(芦沢委員長) 栗谷委員。
◆(栗谷委員) 区内の方が32人、区外が30人、住所を書かれてない人が10人ということなんですけれども、この8つの質問を1つにして、下2つは多分区民の方、地域の方だとわかるんですけれども、上の7つは、区外、区内の方なのかどうかというのを、もしわかれば教えていただけますか。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) まず、一番上からでございますが、国立市の方でございます。区外でございます。2番目も区外の方でございます。新宿区の方でございます。
     (「区外か、区内かでいいですので」と言う者あり)
 3番目につきましては、これも区外の方です。4番目の質問についても、区外の方でございます。5番目の質問についても、区外の方でございます。6番目の質問につきましては、これも区外の方でございます。7番目の質問、8番目の意見につきましては、区内の方でございます。
 以上でございます。(引用終了)

質問する際にも区外か区内かを発言してから質問をさせたので、質問者が区外か区内か分かると言うことです。

宮下公園に文句を付けている質問者は区外にしているようですが、そんなことありません。渋谷区内でも反対の質問をした人がいます。

質問を全部載せたらそういう情報操作できないから、主な質問と意見を採り上げたと言うわけですか。やり方がせこすぎます。

「2010年4月21日の都市環境委員会で質問者の住所を答えている元になった資料」を情報公開請求してありますから、それが公開されたら録音テープなどと照らして、本当に住所があっているか確認しましょう。

○(芦沢委員長) 栗谷委員。
◆(栗谷委員) この質問が幾つかあって、その答えは、今までの議会とか委員会の中でもう議論し尽くして、僕らはもう十分な認識ですので、区内の方、いわゆる区民の方がやっぱり下にあるように、工事の方法は非常に心配なところとかあるとは思うんですけれども、やはり宮下公園の整備に関しては非常に期待をされているというのは、これを見るとわかるのかなと思いますので、どうか慎重かつ安全に進めてもらいたいということで要望したいと思います。(引用終了)

渋谷区議会では「渋谷区立宮下公園ネーミングライツ基本協定書」の全文を提示した上で審議だってしていないし、渋谷区立宮下公園施設ネーミングライツ選定委員会のメンバーだって明らかにできなかったでしょう。

それより何より、説明者はナイキジャパンと、あなたも出席している渋谷区都市環境委員会で表明されているのに、ナイキジャパンが出てこないことに対して、誰も遺憾の意すら示さない渋谷区議会で議論を尽くしたことになるんですか?栗谷議員。宮下公園「整備工事」を進めたい気持ちなのは分かりますけどずいぶんな言い方ですね。

○(芦沢委員長) 岩崎委員。
◆(岩崎委員) この説明会とはちょっと離れてしまうかもしれないんですけれども、先ほど課長から工事がちょっとおくれているというお話がございました。この意見の中にも、早く進めてほしいというのがありますけれども、たしか4月16日の東京新聞なんですけれども、そこに大々的に宮下公園を守る会かな、その方がいて、工事がなかなか進められないということなんですけれども、そこのところはどうなんでしょうか。(引用終了)

守る会のことばかり問題にしていますが、宮下公園のホームレスの推移でも明らかにしたように、この時点でもホームレスが宮下公園にいます。

不法占拠の反対派VS公園正常化を図る渋谷区という単純な図式で物事を考えるのは間違いだと指摘しておきます。

○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 確かに今現在、公園の北側、原宿側でございますが、こちらのほうに宮下公園を守る会と称している団体さんが何団体かがテントを張って、公園を不法に占拠しております。ただ、公園の整備につきましては、かなり区民の方の要望が強いものですから、もう区としては慎重かつ早急に整備に向けて今、検討している最中でございます。(引用終了)

なんで、原宿側にテントを貼って渋谷側にテントを貼らないのかこの説明では分かりません。

2010年3月10日の都市環境委員会の発言を一部引用します。

(引用開始)平成22年3月中旬、これにつきましては、公園の原宿寄り側、私たちは北の部分と言っているんですが、そちらの公園を一部閉鎖させていただきます。(引用終了)

この発言を受けたからこそ、原宿側にテントを貼ったのでしょう。ナイキ主催の説明会は3月24日ですから、公園一部封鎖は説明会の前に行う予定でした。この期に及んでと言うか徹頭徹尾、既成事実で押しまくる渋谷区の非民主主義的手法の理解なくして宮下公園「整備計画」の本質を理解することはできません。

○(芦沢委員長) 岩崎委員。
◆(岩崎委員) この一番下のところの意見のとおり、私もそう思うんですけれども、11月の開園ということなんですけれども、それにはどうなんでしょうかね、見通しは。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 何とか間に合わせたいというふうに考えて、動いております。
○(芦沢委員長) 岩崎委員。
◆(岩崎委員) その守る方の方々とよく話し合いなり何なりして、進めていただきたいと思っています。よろしくお願いします。
 以上です。(引用終了)

4月17日の東京新聞が工事着工のダシにされてしまいました。このことについて東京新聞の記者さん。どう思います?

○(芦沢委員長) 森委員。
◆(森委員) そもそも的にやっぱりやり方自体が、一昨年の2月段階に投げかけがあって、そして選定委員会を設けて、2回の会合でナイキジャパンさんに委ねることを決めて、そして自動的に進めてきたわけですよ。具体的に私たち都市環境委員会で初めて報告があったのが昨年の6月23日、その間いろいろ小出しで、マスコミ報道などで宮下公園にこういう動きがあるということがわかったけれど、結局そういったやり方、手法の問題点が今、噴出しているんじゃないかと思わざるを得ないわけです。ですから、やはり大もとから、先ほど複数の委員から何とか進めていくべきではないかという意見がありましたけれども、私はやはりこの問題については、もうそもそもやり方自体が間違っているということを強く指摘したいと思います。(引用終了)

なんで、建築主のナイキジャパンの説明が一度もなしで工事着工はおかしい。工事着工の前に再度ナイキジャパン主催の工事説明会を行うべきだと言わないで、やり方云々という一般論の指摘で終わらせるのか。ちょっと納得できません。

○(芦沢委員長) ほかにございませんか。
     (「なし」と言う者あり)
○(芦沢委員長) ほかに御質疑がなければ、本件について、報告聴取を終了いたします。(引用終了)

2010年4月21日都市環境委員会
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。