スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とことん馬鹿にされている渋谷区議会議員

渋谷区は情報公開の決定日時を守らないことを恒常的に行っています。土木部公園課には渋谷区情報公開条例の「当該公開請求書を受理した日から起算して15日以内にしなければならない」という言葉が理解ができない人がいるのでしょう。その結果、2010年4月21日の渋谷区都市環境委員会で配布された資料をやっと入手しました。

2010年4月21日都市環境委員会資料_PAGE0000

2010年3月24日の宮下工事説明会の概要が書かれた紙が1枚。

2010年4月21日都市環境委員会資料_PAGE0001

宮下公園整備工事説明会における主な質問・意見の要旨が1枚。これで終わりです。

3月24日の宮下公園「整備工事」説明会で配られた資料については建築主ナイキジャパンという記載すらないんですけど‥で紹介しました。

渋谷区議会都市環境委員会の宮下公園工事説明会についての報告という公式な場所で、参加者に配られた資料すら提出しない渋谷区っていったい何なの。

渋谷区議会都市環境委員会委員長の芦沢一明議員と副委員長の佐藤真理議員、どう思います。おかしいと思いませんか?

しかも渋谷区の渋谷区議会を馬鹿にした行為は今回が初めてではありませんね。

2009年9月17日の渋谷区議会都市環境委員会で宮下公園の「整備計画」の進捗状況の報告の時も、2009年8月27日に調印された宮下公園ネーミングライツ基本協定書の全文が資料として提供されないで、結局基本協定書の概要で議論させられるハメになったでしょう。

その模様は協定書の全文を見せないで議論って何?で説明しました。

この時も手元に概要しかないから、宮下公園ネーミングライツ基本協定書第8条の【乙は、甲に対し、ネーミングライツの対価として、第5条に規定する本公園の整備計画により施工された公園施設を引き渡すものとする。】が地方自治法の96条の9「負担付きの寄附又は贈与を受けること」に該当するかどうか、該当するなら議会の議決行為になるが、それをしていないのはなぜかという肝心な部分が何ら議論されることなく、スルーされてしまう結果になったわけでしょう。

この時も同じ過ちを繰り返していますよ。

渋谷区在住の方から「ナイキによる説明会だということは3月10日の都市環境委員会においても小澤さんの方から言われていると思います。先ほどの質問どおりにナイキの方が来られていない、主催者が来られていないのはどうもおかしいと思います。ここらへんの説明をお願いします」という質問がありました。

それに対して「先ほどから申しているように、今日はあくまでも工事の説明ということですから、ナイキさんは同席せず、東急建設さんが全件委任されておりますので、工事については契約して、工事については東急建設さんに出ていただいて居ると言うことであります。」という趣旨の発言を小澤公園課長はしております。

2010年3月10日の渋谷区都市環境委員会では何と言っていたでしょうか。

【1枚目にお戻りください。(4)説明者でございますが、株式会社ナイキジャパンでございます。】

説明者はナイキジャパンだと明確に言っています。他の部分も引用しておきます。

(引用開始)
◆(森委員) 周知についてはわかりました。多くの方がこの問題に関心を持っているわけですから、町会の掲示板などにも張り出すなどそういった工夫をぜひ検討していただきたい。これは指摘をしたいと思います。
 あと、説明者はナイキジャパンということなんですが、渋谷区としても説明会には参加するんですか。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 渋谷区のほうでも私を含めて、参加する所存でございます。
○(芦沢委員長) 日置土木部長。
◎(日置土木部長) 説明主体は、今回の整備工事の主体でございます、株式会社ナイキジャパンでありますが、渋谷区はあくまでもオブザーバーという形で参加を予定しているところでございます。(引用終了)

日置土木部長も3月24日の工事説明会の説明主体はナイキジャパンであり、渋谷区はあくまでもオブザーバーとしての参加にすぎないと言明しています。

渋谷区議会での発言はウソばっかりですね。口からでまかせ、その場しのぎをされても大丈夫となめられているのでしょう。

ついでに、渋谷区議会がだまされた点をもう一つ引用しておきます。

(引用開始)
◆(森委員) 少なくとも土木部長や公園課長は参加しないといけないのではないかと思うんですが、あとこの説明者、これまでも工事説明会だとか施設整備説明会については、委員会に出された資料でも連絡先というのが明記されていましたよね、担当の窓口、担当の個名なども書いて。この場合、株式会社ナイキジャパンが説明の主体となるわけですが、連絡先などはなぜここに書いていないんですか。案内の資料などには書くんですか。
○(芦沢委員長) 小澤公園課長。
◎(小澤公園課長) 案内資料には、連絡先等は記入するように考えております。(引用終了)

上記資料を見ても分かるとおり、ナイキジャパンの連絡先は書いてありません。

ここでも、渋谷区議会はだまされました。

渋谷区の資料提出に対して意見を言った森治樹議員以外の渋谷区都市環境委員会の所属の岩崎保夫議員、小林崇央議員、長谷部健議員、松岡定俊議員。渋谷区の態度についてどうお考えですか?

最後に栗谷順彦議員。あなたは2010年4月21日の渋谷区都市環境委員会で以下の発言をしていますね。

(引用開始)
◆(栗谷委員) この質問が幾つかあって、その答えは、今までの議会とか委員会の中でもう議論し尽くして、僕らはもう十分な認識ですので、区内の方、いわゆる区民の方がやっぱり下にあるように、工事の方法は非常に心配なところとかあるとは思うんですけれども、やはり宮下公園の整備に関しては非常に期待をされているというのは、これを見るとわかるのかなと思いますので、どうか慎重かつ安全に進めてもらいたいということで要望したいと思います。(引用終了)

神宮前2丁目の方から「宮下公園の現状の耐震性はどうなっているのか。維持できるのか」という趣旨の質問に対して、小澤公園課長は「下の部分は不動産が持っている。耐震について足りない部分がある。平成27年までに直す計画で考えている」という趣旨の回答をしています。

神南の方から「地元要望について入れていただけるのか。」という質問があり、それに対して東急建設が「工事の進め方についてか」という確認がなされ「工事の進め方だけでなくすべて合わせて」だという問合せに対して「工事の進め方については要望に添う形で行っていきたい」という趣旨の回答が東急建設からされました。

3月24日の工事説明会で出された渋谷区民の意見をみても議論が足りないと思いますが、栗谷順彦議員が「もう議論し尽くし」たと思われる根拠はどこにあるのですか?

ついでに言えば、会場の中で「今回の工事説明会を(スポーツ施設の)要望をした人に伝えていないのはなぜか」という質問があり、小澤公園課長が「それはこちら側のミステークである。電話で今日お詫びした。電話は午前中にした」旨の回答もありましたね。

栗谷順彦議員は、こういう渋谷区の態度が、誠意のある態度だと思いますか?

渋谷区議会議員の皆さん。渋谷区にこれほど馬鹿にされて、少しは頭に来ませんか?

2010年3月10日渋谷区都市環境委員会

2010年4月21日渋谷区都市環境委員会
プロフィール

よもやま話編集委員会

Author:よもやま話編集委員会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

リンク
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。